モニーク(MoNique)

モニーク

モニークは、アメリカ合衆国の女優、コメディアン、テレビ司会者。

■生い立ち
メリーランド州出身にて、4人兄弟の長女として生まれる。 両親は共にアフリカ系であり、父親のスティーヴン・アイメス・Jrはドラッグ・カウンセラー、母親のアリスはエンジニア。

■キャリア
女優としてのキャリアを始める前は、いわゆるサイバーセックスのオペレーターとして働いていた。 その後、弟からの勧めもありコメディアンとしてステージに立ち始めた。テレビシリーズ『The Parkers』のニコール・“ニッキー”・パーカー役で知られるようになり、自身の名前が付いた番組『Mo'Nique's Fat Chance』の司会者として活躍するようになる。 2000年に『3ストライク』で映画デビュー。主にコミカルな役を演じてきた。2009年に出演した『プレシャス』ではこれまでのイメージを一新させ、主人公の屈折した母親を見事に演じ切った。 同作品において、その演技が批評家から大絶賛され、ゴールデングローブ賞、アカデミー助演女優賞をはじめ2009年における数々の映画賞をほとんど獲得した。 かつては本も出版しており、『Skinny Women Are Evil: Notes of a Big Girl in a Small-Minded World』はベストセラーになっている。 その他、2006年にはヘルシー思考の料理本も出版した。今後が最も期待される黒人女優の一人である。

■私生活
二度の結婚歴があり、最初の夫は会計士であった。 離婚した後は現夫と結婚。3人の息子の母親でもあり、そのうち二人は双子である。 アカデミー助演女優賞を受賞した際には、夫であるシドニー・ヒックスの言葉が出演のきっかけであったこともあり、ステージ上で感謝の意を述べている。

■主な出演作品
・3ストライク
・サウスセントラルLA Baby Boy (2001)
・ソウル・プレイン/ファンキーで行こう! Soul Plane (2004)
・サイレンサー Shadowboxer (2005)
・ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権 Beerfest (2006)
・NIP/TUCK マイアミ整形外科医 Nip/Tuck (2006) テレビシリーズ(ゲスト出演)

おすすめリンク

フジテレビ-番組の放送時間や内容を調べることができます。
美白-シミ・くすみが気になるあなたへ。